同じ 職場 告白

同じ職場の人に告白するタイミングについて

スポンサーリンク

同じ会社の人を好きになってしまうことは全く珍しいことではありません。
むしろ毎日顔を合わせる分「ザイアンスの効果」によって好きになってしまう確率は高いです。
2人の関係も少しずつ良くなっていき、そろそろ想いを告げてもいいのではと感じても、問題なのは告白するタイミングですよね。
今回は職場恋愛で告白する際に気をつけておくべきことをご紹介したいと思います。
告白するのには時間帯も重要になってきます。
明るい昼間よりも、日が落ちて来た夕方から夜が効果的です。
夜は気持ちが穏やかになりやすく、副交感神経が活発になるため親近感をより感じやすくなるのだそうです。
実際に昼間と夜の告白のタイミングでは、成功率が30パーセントも違うそうです。
告白使用と思ったら、まずは2人きりになれる場所が必要になってきますよね。
「今夜一緒に食事でもどうかな」と個室があるお店などを選んでそこで告白するのがお勧めです。
次に気をつけていきたいことは、仕事が忙しい期間での告白は避けるべきということです。

スポンサーリンク

「余計なストレスを抱える羽目になりそう」という人もいますので、特に仕事に追われてストレスが溜まっている男性などは、現状恋愛が重荷に感じてしまっている場合もあるようです。
大きなプロジェクトがひと段落した時など、緊張がほぐれるタイミングまで待っていたほうが良いでしょう。
誰でも仕事が忙しい時は心に余裕がなくなってしまうものですよね。
同じ社内にいれば、その辛さも分かってあげれると思います。
連日残業続きと知っておきながら告白するのは、少し自分勝手な行動かもしれません。
社内恋愛は告白するタイミングがないと思われがちですが、意外と2人きりになれるチャンスは転がっているものです。
他人の目を気にしているとそのチャンスがわからなくなってしまいます。
そのため、普段から告白できそうなタイミングを探して置きことが大切です。
告白が成功した時は報告はなるべく職場の関係者に告げるのは避けるのも重要なポイントです。

スポンサーリンク