職場恋愛 休日

職場恋愛をしている時休日に連絡するのは良いのかどうか

スポンサーリンク

職場恋愛は、プライベートのみの恋愛よりも特に、相手に対する迷惑を考えなくてはなりません。
ですので、積極的にアプローチをしたいという方は注意が必要です。
また、気持ち控えめにアプローチすることも大切なポイントとなってきます。
今回は、社内恋愛のアプローチで気を付けなくてはならないことについてまとめてみました。
まず、「休日を邪魔しない」こと。
仕事とはやはり疲れが溜まるものですよね。
休日くらい、仕事のことは忘れて自由に羽を伸ばしたいと考える人も多いのではないでしょうか。
社内恋愛で片思い中である場合は、好きな人にLINEや電話などの連絡をする際はなるべく平日の仕事中、または休憩中などに行うほうが良いでしょう。
その方が、相手も拒否感を感じることが少なくなります。
休日にLINEや電話をしてしまうと、既読無視や電話に出てくれないという可能性も否定できないでしょう。
人にはそれぞれ他人に対してイメージがありますが、相手のことを恋愛対象として認識していないうちは、あなたの存在は「仕事の人」というイメージでしかないのです。

スポンサーリンク

ということは、あなたからのアプローチを休日に受けると、その瞬間にあなたに対するイメージでもある「会社」を思い出してしまうため相手にストレスを与えてしまうことが懸念されます。
職場恋愛に焦りは禁物ですので、好きな人に連絡をする日、我慢する日をちゃんとわきまえておいてくださいね。
次に「特別扱いはほどほどに」好きな人に対しては、どうしても特別扱いをしてしまうものですが、あまりそれをし過ぎるのはよくありません。
社内では仕事を目的として集まっている場であるため、恋愛意外の嫉妬も存在するからです。
特に上下関係がある場合はその問題が大きくなりやすいです。
適度な特別扱いは効果があっても、やりすぎてしまうと相手の人が迷惑に感じてしまう場合があるのです。
あからさまに特別扱いをされることを手放しに喜ぶ人はあまりいないと思いますので、嫉妬の問題は少し深く考えたほうが良いでしょう。

スポンサーリンク