職場 気になる人 きっかけ

職場に気になる人ができるきっかけ

スポンサーリンク

職場でいつも顔を合わせている相手のことを、いつの間にか好きになっていた経験はありませんか?会う機会の少ない彼氏よりも、頻繁に顔を合わせる仕事仲間についときめきを感じてしまうということは「ザイアンスの効果」で明らかになっていることなのですが、他にどのようなことがきっかけで職場にいる相手のことを「仕事仲間」から「気になる人」に意識が変わっていくのでしょうか。
今回はそのことについてまとめてみました。
1「いつの間にか好きになっていた」これが最も多いのではないでしょうか。
毎日一緒に仕事をしていれば、それだけ一緒に過ごす時間が長くなります。
そのため、ふとした時に「異性」として意識する瞬間があるのです。
2「女性は一生懸命な姿に惹かれる」多くの女性は、男性の一生懸命な姿に心惹かれるとされています。
どんな男性でも「仕事ができる」だけで魅力的に見えてしまうのです。
そのため、男性で職場に好きな女性がいるのであれば「一生懸命な姿」「頼れる姿」をどんどん見せていくととても良いアピールになるでしょう。

スポンサーリンク

3「他部署と飲み会」会社の規模が大きくなると、働いている社員の数が多くなれば「名前がわからない」「接点がない」という問題が浮上してきます。
このような時には「他部署の人達との飲み会」の場が設けられることがあります。
飲み会の席で話をすれば距離が縮まります。
この飲み会がきっかけで気になる人ができるという人も少なくありません。
4「同期入社」入社したての頃は、誰しもがわからないことだらけで不安な気持ちで一杯だと思います。
この時に同期入社の人がいると、その人と気持ちを共感し合ったり悩みを言い合ったりして、次第に気になる存在へと変わっていくのです。
5「上司に相談に乗ってもらう」仕事上で何かしらの悩みを抱えることはよくあると思います。
多くの人は上司に相談すると言われています。
上司であれば仕事上の悩みに的確なアドバイスをくれる可能性が高いからです。
何度か仕事の相談をしている内に、恋が芽生えてしまったというケースも存在しています。

スポンサーリンク