片思い 社内メール

片思いの相手へ社内メールを送るメリットとデメリット

スポンサーリンク

同じ会社の人を好きになった場合、好意を伝える方法は複数存在します。
ストレートに気持ちを伝えることが出来る人もいれば、なかなか自分の気持ちを伝えることが出来ずにずっと片思いでいる人も居ると思います。
また、社内恋愛である以上毎日相手と顔を合わせる訳ですから、いざ告白をして振られてしまったら、その後の関係が気まずくなってしまうのではと余計に相手へ気持ちを伝えられなくなりますよね。
会社の後輩、同僚、先輩を好きになった場合、社内メールを使って好意を伝えるのも、良い方法だと考えられます。
直接相手と話をするのが苦手な場合でも、社内メールであれば相手の表情を直接見なくて済みますし、相手の返事のスピード、内容、文章が短いか長いかなどで、多少相手の自分に対する気持ちも理解することが出来るのです。
また、メールだと文章をゆっくり考えて作成することができるのでスポンサーリンク

相手に自分の緊張を悟られずに会話を進めていくことも可能なのです。
しかしメールを送る時に気をつけなければならないのが、「重い内容になりすぎないようにする」ということです。
社内恋愛は仕事のパートナーであるケースが多いので、どんなに相手へ心惹かれているとしても、あまり重い内容のメールを送ってしまうと、相手がびっくりしてその後のメールのやりとりや仕事での関係に支障がでてしまうかもしれません。
そのため、社内メールを交わす程度の関係であるのならば、軽い文章をなるべく送ったほうが良いでしょう。
メールは連絡を取ったり、仲良くなるための手段です。
自分の気持ちは、メールではなく相手に直接会って伝えたほうが良いかと思います。
わたし自身、メールでは好きと言ってくれるのに直接会うと途端に自分の気持ちを伝えられなくなる人が過去にいたことあり、「どうして直接言ってくれないの?」と、もやもやした時期がありました。
それに、社内メールだとご送信の可能性もありますので、周りに見られたく内容を頻繁に送るのは、万が一のためにも控えたほうが良いでしょう。

スポンサーリンク