社内恋愛 禁止 理由

社内恋愛を禁止する理由は、会社側の意向の場合も!

スポンサーリンク

 会社や企業に勤務すると、それぞれに設けられた規則に沿って、行動する事が求められます。
 社内恋愛については、禁止されている場合もあります。
その理由としては、仕事上の任務にも関係性があります。
例えば、職場において、経理などの、会社や企業における数字上の大切な役割を果たす部門もあります。
あるいは、法務上の信用に関わる職務が全うされる部門なども存在します。
いずれの場合にも、不正があったり、情報が漏れるなどが、会社や企業の将来を大きく左右する可能性があります。
 社内恋愛を禁止する事で、会社の危機的な場面を回避する事に繋がるといった理由が存在します。
社内における人員の個人的な感情よりも、まずは会社や企業として守るべきものを優先させたケースでもあります。
 確かに、会社側の重要な情報や、お客様関連の情報など、決してないがしろにしてはいけないものもたくさんあります。
 恋愛は自由であるべきだという考えもわかりますが、それによって会社や社会に損害を与えてはいけないというのもうなずけますね。

スポンサーリンク

 社内恋愛を禁止しているケースとして、他にも、結婚を促しているケースなどがあります。
恋愛は禁止しているけれども、結婚であれば許可される会社なども存在します。
この場合には、職場での仕事上では、恋愛をしている事実を公にせずに、結婚として決まった形であれば、奨励されるという事が多くなっています。
 この場合には、理由として2つの事が挙げられます。
一つには、職場に恋愛関係を持ち込んでほしくない、といった会社の都合などがあります。
一つのケースが認められると、他にもカップルができて、仕事に支障が出るケースなどを懸念している場合もあります。
 もう一つの理由としては、恋愛をして、結婚が決まったら、どちらか一方は退職してほしい、という会社の意向が存在している場合もあります。
 社内恋愛を禁止している理由には、仕事の影響を考えたり、暗黙のルールになっている場合、社内規則だから、という場合などがあります。
 ルールとして定められていたとしても、好きになってしまったものは仕方がありません。
 しかし、だからと言って、会社に迷惑をかけるわけにもいかないので、常識的な判断をしながら2人の関係も大切にしていきましょう。

スポンサーリンク