男性 職場 好意 単純接触

職場内の男性に単純接触を繰り返し行うことで好意は抱かれるのか

スポンサーリンク

同じ相手と繰り返し接することを「単純接触」と言います。
そうすることで接してくる相手に好意を抱きやすくなると言われています。
それを「単純接触効果(ザイアンスの効果)」と言います。
遠距離中の男性よりも、身近な男性に行為を抱いてしまうことはよくあるケースです。
また、接触回数の少ない男性よりも職場の男性に惹かれてしまう女性もいます。
これらはまさしく「単純接触効果」のせいだと言ってよいでしょう。
しかし職場内では、単純接触を過度に行わないほうが良い場合もあります。
噂などが流れて気まずくなってしまう可能性が高いからです。
まずはチャットやメールなどの間接的なコミュニケーションをとる方がお勧めです。
普段の日常会話を職場内でする分には問題ないですが、もっと親密な関係になりたいと思った時にはプライベートで会って話す方が良いでしょう。
最近はスマートフォンが広く親しまれています。
それによりマメに連絡をとる男性も増えていますので、チャットやメールなどの連絡方法を好む男性も多くいます。

スポンサーリンク

好意を抱いている男性と単純接触をするよりも、間接的な接触で自然な会話が出来るようになってからの方がより男性からの好意を受けやすいでしょう。
恋愛に焦る気持ちは禁物ですので、好意を抱いている男性と直接会話したくなる気持ちをぐっと抑えて、少しずつ相手との距離を縮めていきましょう。
チャットやメールで仲良くなって来たと感じたら、その連絡方法を併用しながら、職場内で軽いコミュニケーションをとり始めると良いでしょう。
直接的な接触でも打ち解けて来たと感じたら、思い切ってあなたの方から食事に誘うなどしてみてください。
好意を抱いている相手にも、あなたの気持ちは薄々わかってきているの思いますので、そのまま良い関係を築いていければ恋が成就するはずです。
職場恋愛はデリケートな問題が多いので難しいですが、根気を持って相手と間接的、直接的なやりとりを続けていけば、きっと良い方向に向かっていくはずです。

スポンサーリンク