社内恋愛 line 頻度

社内恋愛でのLINEや電話の頻度について

スポンサーリンク

社内恋愛では周りからの噂などを気にしてあまり会話ができないカップルも多いのではないでしょうか。
そのような時に活躍するのがLINEやメール、電話などのツールになります。
LINEなどであれば、まわりに邪魔されることもなく、親密な会話を楽しむことができます。
では、社内恋愛中には頻繁にしたくなってしまう連絡ツールを、どれくらいの頻度で行うのが理想なのでしょうか?今回はそれについて詳しく調べてきましたのでご紹介していきたいと思います。
まず、一番理想的な連絡時間は「休憩中」です。
その時間帯は仕事も一旦中断している訳ですから、何の気兼ねもなく連絡を送ることが可能ですし、連絡を受ける側も何のストレスも感じずに済みます。
休憩中であれば短文ではなくある程度まとまった文章を書くことが可能となりますので、大事な話などもその時間にすると良いでしょう。
次に良いのが「家に帰ってから」となります。

スポンサーリンク

今日一日を振り返って、同僚や上司などの愚痴から、本当は社内で話たかった面白いハプニングのことについてなど、その日にあった出来事をゆっくりと話すことができます。
休憩中などでは難しい電話も、家にいれば誰からも聞かれることがないので気兼ねなく出来ます。
また、出勤前のLINEや電話も良いでしょう。
出勤前に、今日の社内でのお互いの過ごし方や会話をするタイミングなどを事前に打ち合わせしておくと、仕事中ぎこちなくならずに過ごすことが出来ます。
そしてこれらのことで共通して大切なことが、「お互いストレスに感じる頻度の連絡のやりとりは避ける」ということです。
一方が沢山やりとりをしたくても、相手はそうではない可能性もありますので、一日数件程度のやりとりに抑えておくなど、必要以上の連絡のやりとりはしないように心がけましょう。
ましてや社内恋愛は他の恋愛と違ってバレるリスクも噂されるリスクも高いのですから、ちょっとした言動や行動が命取りになるということを常に頭に入れて行動してください。

スポンサーリンク